仮設機材カタログVol.9
78/168

76枠組足場組立構成図、部材①建   枠枠組足場の基本となる部材でこれを1829㎜間隔に建て並べます。②筋   違建枠と建枠とを連携するもので、建枠の両面に取り付けます。③エンドストッパー(2段)足場のコーナー妻側に取り付ける伸縮手摺です。④壁つなぎ枠組足場の倒壊を防止するために取り付けます。⑤ステアガード階段枠取付場所(開口部)からの落下防止に用います。⑥階 段 枠足場内に設ける階段で、建枠の横架材に取り付けます。⑦手摺・手摺柱手摺柱にグラビティロックが付いており、手摺が簡単に取り付けられます。⑧連結ピン(抜け止め付き)建枠と建枠の連結に用います。差し込めばワンタッチでロックされ抜け止めを行います。⑨鋼製布板足場板を鋼製化し、布枠の形状にしたもので、建枠の上に水平に架け渡します。⑩ジャッキベース基礎に高低のある場合、調節が出来ます。⑪梁   枠枠組足場に開口部を設ける場合に用います。⑫梁 渡 し梁枠の上に建枠を組む場合に用います。⑬隅 梁 受梁枠を枠組に取り付ける場合に用います。⑭方   杖梁枠を補強するために取り付けます。⑮幅   木物の落下、人の墜落を防ぐために取り付けます。⑯下さん(セーフティーアンダーバー)筋違の下方のすきまを塞ぐために取り付けます。1516組立構成図●技術資料

元のページ  ../index.html#78

このブックを見る