仮設機材カタログVol.9
21/168

1919●特徴アルミ製一体型先行手すり枠の最大の特徴は幅木(つま先板)が付いていることです。幅木には作業床との隙間をなくすためのすきま塞ぎ板が組み込まれており、作業上での安全作業が確保できます。(作業床からの転落防止)作業床での作業者が建枠材を運搬、配材、組立する場合、パスポーター(安全帯通過器具)を使用することで、枠ごとの安全帯フックの取付、取外しのわずらわしい作業がなくなり、作業床上の横移動時間の短縮がはかれます。●仕様先行手すり枠の上桟は、作業床から932mmの高さ位置にあります。NETIS(国土交通省新技術情報提供システム)登録商品枠組み足場用アルミ先行手すり枠●幅木付き●すきまふさぎ板付き●パスポーターOK(安全帯通過)Saft Parapetorセフトパラペッター

元のページ  ../index.html#21

このブックを見る