仮設機材カタログVol.9
100/168

419419419419 A98OKサポート914914914914914計算例 OKサポート支柱1本あたりに作用する荷重の算出 ⑴設計荷重の算出   床版 t=2000㎜の場合鉄筋コンクリートW1=γ×床 厚=2.5t/㎥×2.0m作業荷重型枠重量注)  γ :鉄筋コンクリートの比重 2.5t/㎥作業荷重:0.35t/㎡型枠重量:0.05t/㎡ ⑵OKサポート支柱1本あたりに作用する荷重の算出PV=W×A  =5.40t/㎡×0.914m×0.914m  =4.51t/本水平力の検討労働安全衛生規則第240条第3項4号より鋼管枠以外のものを支柱として用いるものであるときは、当該型枠支保工の上端に、設計荷重の100分の5に相当する水平方向の荷重が作用しても安全な構造のものとすること。 ⑴支柱間隔914㎜時の筋違の許容水平抵抗力Pha=0.65t/本 ⑵OKサポート支柱1本あたりに作用する水平荷重の算出PH=PV×5%  =4.51t/本×0.05  =0.226t/本 ⑶OKサポート筋違1本あたりの支柱負担数  Pha 0.65n=───=────=2.8本  PH 0.226よって筋違1本で支柱2本まで支持します。W2W3W =W1+W2+W3=5.00t/㎡=0.35t/㎡=0.05t/㎡=5.40t/㎡1スパンおきに設置

元のページ  ../index.html#100

このブックを見る