第10回 安全大会②

今回も引き続き、

安全大会の様子をご紹介致します。

 

株式会社エシックスと機材センター合同による

「センター内での積降時における安全作業の実演」が

行われました。

 

カウンター式フォークリフトの説明をされる、東関東M所長です。

 

このタイプは前方に大きなマストがついていて、

爪を上下することができます。

許容荷重は4トンです!

 

続いてエシックスY部長より

センター内での安全について説明がありました。

『今日は過去に実際あった事例について

ご紹介させていただきます。

レバーブロックを外した時にワイヤーが飛んでしまい、

ワゴン車に当たってしまう事故がありました。

万が一、ワイヤーが向こう側に落ちてしまった時、

作業員がいたら大変危険ですので、周囲をよく確認して作業を

行っていただきたいです。』

と話していました。

 

実際に荷物を運ぶ様子や作業員方の連携プレーを

実演してくれました。

エシックスとセンターの作業員はこのような作業を

毎日行っています!

 

『フォークリフトが動き出したら、必ず運転手はフォークリフトの

視界に入る位置で作業を手伝わないといけません。

前方にはマストなどがありますので、視界が悪くなります。

毎日作業をしていると、慣れというものが出てきますが、

お互い声をかけ合って、気遣うことを忘れないことが大切です。』

とM所長も熱く語っていました。

 

いつ何時も周囲に気を配り、

お互い確認し合うことの大切さを改めて痛感しました。

 

次回も引き続き安全大会の様子をご紹介致します。

Posted under: 社内イベント

Comments are closed.