Home » Archive by category "社外イベント"

2017ジェフユナイテッド市原・千葉 スポンサーパーティ②

前回に引き続き、

ジェフユナイテッド市原・千葉 スポンサーパーティの様子をご紹介致します。

 

会場には溢れんばかりのサポーターの皆さんが、選手に直接応援のメッセージを伝えていました。

 

サインを貰うH支店長です。

快く引き受けてくださった選手の方々、ありがとうございます!

 

会場ではジェフのユニフォームの展示から

 

豪華な料理が並び、なかでも手毬寿司で作られたJFEのロゴは圧巻でした!

 


こちらはジェフ応援カクテルです。

ジェフカラーの黄色をベースに緑・赤のワンポイントが映えるオリジナルカクテルです。

千葉県民一丸となって応援したい!という熱い想いから今年は誰でも飲めるよう、

ノンアルコールカクテルにリニューアルされたそうです。

 

歓談の途中で、花束贈呈とジェフユナイテッド市原・千葉レディースの活動紹介と監督挨拶が行われました。

 

挨拶をされる三上監督です。

『たくさんのスポンサーの方にお世話になりながら、ジェフレディースは選手として活動しています。

皆さんの支えがあって初タイトルを獲得することができました。

私たちの目標である2ケタ勝利へ向け、多くの方々のサポートを支えに頑張って参りたいと思います。

今日は本当に、ありがとうございます!』

と挨拶されていました。

 

レディースの皆さんはこの後、練習に向かわれました。

次回の試合もぜひ、頑張っていただきたいですね!

 

毎年恒例の抽選会では、選手のサイン入りボールやユニフォームなど、

ここでしか手に入らない豪華な賞品が抽選で当たります。

選手がクジを引き、番号をその場で読み上げました。

当選された方、おめでとうございます!

 

選手代表として挨拶される近藤キャプテンです。

『本日はお忙しいところ、スポンサーパーティーにお越しいただき、ありがとうございました。

本日、ご出席の皆様と話をするなかで改めてたくさんの方々にご支援いただいているのだと感じました。

残りの試合、安定した戦いを皆様にご覧いただけるよう、また、J1昇格に向けて頑張って参りたいと思いますので、

引き続き皆様のご支援、ご声援をよろしくお願い致します。

本日は誠に、ありがとうございました!』

と挨拶されていました。

 

中締めの挨拶をされる

古河電気工業株式会社 代表取締役社長の小林様です。

 

パーティ終了後、選手とジェフィくんがお見送りをしてくれました。

 


J1昇格に向けて、残りの試合も頑張って下さい。

日本機材はこれからもジェフユナイテッド市原・千葉を応援し続けます!!

2017ジェフユナイテッド市原・千葉 スポンサーパーティ①

本日は9月4日(月)にオークラ千葉ホテルにて行われました

ジェフユナイテッド市原・千葉 スポンサーパーティの様子をご紹介致します!

 

ジェフユナイテッド市原・千葉は、今年でクラブ設立26周年を迎えます。

 

ジェフユナイテッドレディースの皆さんです。

 

今回、2017プレナスなでしこリーグカップ優勝トロフィーが展示されていました。

レディースの皆さん、おめでとうございます!!

 

続いてジェフユナイテッド市原・千葉トップチームの皆さんです。

 

挨拶をされるジェフユナイッテッド株式会社の代表取締役 前田様です。

『過日のプレナスなでしこリーグカップにおきましてジェフユナイテッドレディースが悲願の優勝を遂げました。

レディーススポンサーの方をはじめ、ホームタウンの皆様、多くのファンの皆様に支えていただいたおかげだと思います。

また、ユースチームでございますが、今年度ユースチームに昇格致しまして、現在リーグ戦7位となっております。

こちらもアカデミースポンサーの方をはじめ、多くの方々の支えがあってユース活動が成り立っております。

本当にありがとうございます。

そしてトップチームですが、現在リーグ12位という位置づけでございます。

戦う集団ジェフユナイテッドを再構築していくということで、ファン・エスナイデル監督以下、

選手一人ひとりがプロとしてのメンタル・技術そして集団としての戦闘技術・規律・士気を一つ一つ高めながら

着実に成長していっていると感じております。

今年度の戦う私たちの姿を多くの方に観ていただき、分かち合っていけたらと思います。』

とお話されていました。

 

続いてファン・エスナイデル監督の挨拶です。

『本日は招待いただき、ありがとうございます。

ジェフユナイテッドスポンサーパーティーにこんなに多くの方に集まっていただき、感謝しております。

年始にもお伝えいたしましたが、より高い順位のところにありたいと思っています。

運がなくて勝てなかった試合、何回もありますが、僕の方で確実に言えることは、

選手は全ての力を出し切っているということです。

今よりも良い結果が出せると皆さんに信じていただきたい。

シーズンの終わりには、皆様に笑って終われるようにしたいと思います。

ありがとうございました。』

とお話されていました。

 

来賓挨拶をされる市原市長の小出様です。

『ジェフユナイテッドをこよなく愛する皆様に心より感謝申し上げます。

ジェフユナイテッドのおかげで、私も熊谷市長も多くの方々と素晴らしい御縁を築くことができました。

先日、ジェフレディースの皆さんになでしこカップ優勝をご報告いただきました。

三上監督は市原市出身でありますから、嬉しい限りです。

私たちはホームタウンとして、ジェフを応援し続けます。

ファンの皆様には変わらぬご支援の程、よろしくお願い致します。』

と挨拶されていました。

 

続いて千葉市長の熊谷様です。

『まずはジェフレディースの方々、リーグカップの優勝おめでとうございます!

市原市長と私のところにご報告にきていただいて、

やはりタイトルを獲るということが、いかにクラブの歴史にとって大事かということ。

そして最初のタイトル獲得に市長として立ち会う、ご報告いただけたことを大変嬉しく思っております。

女子サッカーに対する注目というのはこれからだとおもいます。

私たち千葉市も市民の皆様に関心を持っていただけるよう選手の努力に答えられるよう、

私たちも努力していきたいと考えております。』

と挨拶されていました。

 

続いて東日本旅客鉄道株式会社 代表取締役社長 冨田様です。

『日頃よりジェフユナイテッド市原・千葉に誠心誠意応援していただいている皆様にお集まりいただき、誠にありがとうございます。

さきほどより皆様お話されていますが、レディースの皆様、優勝おめでとうございます!

素晴らしい成果を上げていただき、大変嬉しく思います。

ユースチーム・トップチームの方々もこれまでの努力の結果が必ず現れると思います。

ジェフのさらなる飛躍と成長を信じて、引き続きの支援を心からお願いしたいと思います。』

と挨拶されていました。

 

乾杯の挨拶をされる富士電気株式会社 代表取締役社長の北澤様です。

 

乾杯後の歓談タイムでは各選手との写真撮影から名刺交換まで

素敵な時間を過ごすことができました。

 

次回も引き続き、ジェフユナイッテッド市原・千葉 スポンサーパーティの様子をご紹介致します。

YASSAフェスティバル2017

8月19日(土)に千葉県東金市で毎年恒例の

YASSAフェスティバル2017が行われました!

 

YASSAフェスティバルとは・・・

社団法人東金青年会議所の方々が、

地域の新しい祭として提案したことが

きっかけで始まった東金市の市民祭です。

今年で41回目の開催となります。

毎年、東金市役所周辺は

ダンスコンテストや打ち上げ花火など

各種イベントで大変盛り上がります!

 

東金市は当社社長の出身地であり、

昭和56年に支店と機材センターを

開設した縁の深い街です。

 

 

そのため、当社は地元企業の一員として、

毎年YASSAフェスティバルに協賛しています。

 


東金市の非公式イメージキャラクターの「やっさくん」です。

 

特設ステージではYASSAダンスコンテストや

各団体のパフォーマンスが行われました。

 

入賞された皆さん、おめでとうございます!

 

東金市のアイドルユニット『YASSA Comachi』

『アッパーズ』のスペシャルライブです。

 

ステージの下には当社広告も設置されていました!

 

サンピア前路上では鹿児島おはら踊りから始まり

 

やっさおどりでは子どもから大人まで

多くの人が参加されていました。

 

最後は花火が盛大に上がり、

YASSAフェスティバル2017も無事終了しました。

 

毎年多くの人で賑わうYASSAフェスティバルに

皆様も足を運んでみてください!

 

軽仮設リース業協会 第5回通常総会

6月9日(金)に東海大学校友会館にて

軽仮設リース業協会の第5回通常総会が行われました。

本日はその様子をご紹介いたします!

 

 

 

挨拶をされる関山会長です。

『この軽仮設リース業協会は33年の歴史を数えました。

協会・部会・理事会・支部会それぞれの活動を重ね、

お互い良い関係を築くことができました。

同業者同士ライバルだという時代は、

お互い価格競争などが生まれ、

あまり良い結果を出すことが少なかったと思います。

協会活動を重ね、仲間であるという意識が生まれたこの活動こそが

最も成果のあったことだと思います。

経済・安全への貢献、安定供給、仮設の技術、新しい機材の開発

このような要件をしっかり満たし、

より良い仮設機材の提供ができるよう、

これからもよろしくお願い申し上げます。』とお話されていました。

 

 

通常総会では28年度の事業報告、決算報告、

29年度の事業計画案、収支予算案の承認、

各支部長からの活動報告などが行われました。

 

 

新たに役員に選出された方々の挨拶も行われました。

 

 

総会終了後は、懇親会が開かれました。

 

 

再び挨拶される関山会長です。

『日頃より協会活動に前向きにご参加いただき

誠にありがとうございます。

長年の協会活動を通して、人間関係・信頼のベースも出来上がり、

同業者としてライバルでもありますが、仲間でもある関係性を

確立していったのではないかと思います。

経済的・安全性・高い技術・安定供給など、

お互いに機材を貸し借りし、助け合うことによって

様々な社会貢献ができていると思います。

これらの要件を満たしつつ、

皆様方の一層のご協力とご活躍をお祈りいたします。』

とお話されていました。

 

 

続いて国土交通省の勢田様より

『常日頃から国土交通事業に多大なるご貢献をいただき、

厚く御礼申し上げます。

災害の復興、インフラメンテナンスなど、建設業の方々が

末永く健全に役割を果たしていっていただきたいと

願っております。

そのためにも担い手確保・効率化や安全性など

各種課題に取り組んで参りたいと思いますので、

これからもご支援のほど、よろしくお願い致します。』

と挨拶されていました。

 

 

長年に渡り、協会活動に多大なご尽力を賜りました

近藤昌三理事へ関山会長より記念品の贈呈が行われました。

 

 

『この協会のために今後も尽力していきたいと思いますので、

皆様どうぞよろしくお願い致します』

と挨拶されていました。

 

 

乾杯の音頭を取られる

一般社団法人日本建設機械施工協会 渡辺様です。

 

 

会場には多くの方々が集まり、

情報交換・近況報告など行いました。

 

 

束の間の歓談を楽しみ、

関西支部長 渡邊様の一本締めで懇親会は終了しました。

 

 

より優れた仮設機材をお客様に提供するため

これからも精進してまいります!

一般社団法人 仮設工業会 平成29年度定時総会

5月26日(金)、建築会館ホールにて

一般社団法人 仮設工業会

平成29年度定時総会が行われました!

 

 

総会では28年度の事業報告、収支決算報告、

役員選任、並びに29年度の

事業計画案、収支予算案の承認、役員選出などが行われました。

 

 

総会終了後は、懇親会が開かれました。

 

 

挨拶をされる一般社団法人仮設工業会の伊藤会長です。

『仮設機材に関係する労働災害を防止するためには、

会員・各社がそれぞれの立場で、事業活動を活発に

展開をしていくことが必要になるわけでございます。

すなわち、優れた仮設機材を開発し、販売していただくこと

また、適正に管理をされた安全な仮設機材を提供していただくこと

安全な仮設機材を適正に使用していただくことが大切です。

そのためには各社が発展し、繁栄していくことが

非常に重要になってまいります。

この懇親会が会員・各社の益々のご繁栄に繋がりますよう

情報の確保・あるいは人的交流の場になればと考えております。』

とお話されていました。

 

 

厚生労働省・独立行政法人など多くの方々が来場されていました。

 

 

乾杯の音頭をされる井上副会長です。

『日頃は仮設工業会にご協力をいただき、ありがとうございます。

建設労働者の健康と安全のための基本法が、

昨年の12月に成立しました。

6月には閣議決定が行われると聞き、

これからの建設業界に期待しております。

皆様のご健勝と益々のご発展をお祈りしております!』

と仰っていました。

 

 

美味しい料理に舌鼓を打ちつつ、

会員同士、近況報告や建設基本法への期待を語っていました。

 

 

最後に堀井専務理事による一本締めで、懇親会は終了しました。

 

 

これからも建設職人の皆様が安心・安全に活躍できるよう

各社、力を合わせてまいります!

全国仮設安全事業協同組合 第17回通常総会

5月25日(木)に鉄鋼会館で

全国仮設安全事業協同組合の

第17回通常総会が行われました。

 

 

 

挨拶をされる全国仮設安全事業協同組合 小野辰雄理事長です。

『去年12月に建設職人基本法が作られました。

6月に閣議決定されますと、みなさんの手元に届くことになります。

先日、皆さんにお願いしたアンケートがあります。

今回のアンケートは皆さん一人ひとりの意見です。

これらを元に計画案が作られました。

今後ともこういった各個人の意見が尊重され、建築基本法に

反映されていくためにも、たくさんの意見を聞かせてほしいです。』

とお話されていました。

 

 

来賓挨拶をされる経済産業省S様です。

『これまで安心・安全対策に熱心に、ひたむきに、

取り組んでこられた皆様、こうした取り組みに関しまして、

心から敬意を表したいと思います。

昨年末には建設職人基本法が成立されました。

経済産業省といたしましても

各関係省庁・部署、そして関係事業者の皆様と連携しつつ、

標準化の推進をして参りたいと考えております。

引き続き、組合におかれましても

今度とも建設現場の安全向上及び

関係業界のご発展にご尽力を賜ればと思います。』

とお話されていました。

 

 

続いて来賓挨拶をされる

国土交通省のK様です。

『建設業は住宅を建てたり、あるいは維持管理をしたりと

地域・経済活動を支える、基幹産業であります。

災害等起こった時、真っ先に被災地に駆けつけるのは

建設職人の皆さんです。

地域の守り手でもあり、なくてはならない産業です。

一方で課題といたしましては担い手の確保です。

日本全体が少子高齢化であり、若い人の数が減っている中、

どれだけ若い方に業界に入っていただけるかが課題であります。

そのためには、処遇をしっかり改善していかなければならないと

考えております。』とお話されていました。

 

 

議案進行をされる近藤副理事長です。

議案審議は平成28年事業報告から役員選挙まで行われました。

 

 

 

 

今回は組合の発展に貢献のあった方に

特別功労者表彰も行われました。

 

 

 

通常総会終了後、休憩を挟み

全国仮設安全事業協同組合青年部の

第8回通常総会及び、

日本建設職人社会振興連盟の

第7回通常総会が行われました。

 

 

挨拶をされる日本建設職人社会振興連盟の國松会長です。

『建設職人基本法ですが、建設職人のための法律であり、

経営者・関係団体のための法律ではございません。

6月中旬までには、基本法の閣議決定が行われると

聞いております。

3月16日の基本法施行以来、深いご支援とご理解を賜りましたこと

国会議員の先生方、政府関係者、そして会員の皆様に

感謝申し上げます。』とお話されていました。

 

 

賛同団体として全国中小建築工事業団体連合のK専務、

日本建設機械レンタル協会のN専務が来場されていました。

 

 

司会進行をされる伊藤理事長です。

平成28年収支報告から平成29年事業見込みまで行われました。

 

 

青年部の皆様による、

希望の太陽「建設職人基本法」の決議の宣言とともに、

全国仮設安全事業協同組合

第17回通常総会は無事終了しました。

 

 

 

その後、別会場にて期成の集いが行われました。

 

 

開会宣言をされる

日本建設職人社会振興連盟 伊藤三千夫副理事長です。

『今回は期成の集いです。

期成とは、ある事柄を実現することだと言います。

安心安全、我々に寄り添った基本計画を

何卒、よろしくお願い致します!』と熱く語っていました。

 

 

多くの国会議員の先生方がお越しになり、建設職人基本法への

熱意を語って下さいました。

 

 

会場には多くの方が来場し、熱気溢れる集いとなりました。

 

 

安心・安全、誇りを持って働ける業界を目指し、

みな一丸となっていくことの大切さを

改めて感じました。

これからの建設業界発展のために、力を尽くして参ります!

 

建設職人基本法 制定記念祝賀会

前回に引き続き、2月28日(火)明治記念館にて行われました

「建設職人基本法 制定記念祝賀会」の様子を

紹介します。

 

 

 

祝賀会に先立ち

日本建設職人社会振興連盟 青年部 大仲孝明副会長により

開会宣言がなされました。

 

 

続いて、自民党 衆議院議員 高鳥修一先生による

国歌独唱です。

 

 

日本建設職人社会振興連盟 國松孝次会長による挨拶です。

『私たちの長い間の念願であった建設職人基本法が

昨年12月9日、全会一致で成立致しました。

このことは建設職人によせる先生方の温かい気持ちの表れである

こんなに嬉しいことはございません。

改めて御礼申し上げます。』

 

 

建設職人基本法制定への喜びと

これからの建設業界への期待を語る

全国仮設安全事業協同組合 小野辰雄理事長です。

 

 

大変多くの国会議員の先生方が

お越しになり、盛大な祝賀会となりました。

 

 

 

乾杯の挨拶をされる自民党 衆議院議員 櫻田義孝先生です。

 

 

元スピードの今井絵理子議員の姿も!

 

 

閉会の挨拶をされる

日本建設職人社会振興連盟 近藤昌三副理事長です。

『建設基本法が制定され、大変喜ばしい限りですが

今日はあくまでスタートラインです。

これからが大切です。

基本法は骨組みであり、これから肉をつけ血を通わせていく

実も花もある、実行のある法律にしていかなければなりません。

皆様、これからもよろしくお願い致します。』と会を締められました。

 

 

今回の建設職人基本法は

多くの方の支えがあり制定することができました。

一人一人が誇りを持ち、働く喜びを実感できる

魅力溢れる業界になるよう

これからも努力し続けなければなりません。

共に明るい建設社会の未来と幸せを築いてまいりましょう!

日本建設職人社会振興連盟臨時総会・建設職人基本法説明会

2月28日(火)明治記念館にて行われました

日本建設職人社会振興連盟臨時総会・建設職人基本法説明会と

建設職人基本法 制定記念祝賀会に参加して参りました。

 

IMG_6530

 

『建設職人基本法』とは

昨年12月、日本建設職人社会振興連盟において制定された

公共・民間を問わず、すべての建設工事に従事する人たちの

安全と健康の確保を推進するため、安全衛生経費の確保や

一人建設工事従事者の安全及び健康の確保の促進 に関する

法律です。

 

はじめに曙の間で第一部「臨時総会と建設職人基本法説明会」が

行われました。

 

 

説明会には多数の国会議員の先生方が参加され、

「建設職人基本法」がいかに大切かということを強く感じました。

 

 

最初に自民党 衆議院議員 櫻田義孝先生より

『今回制定されました建設職人基本法は

現場で働く方の安全と健康の確保と

労災発生の官民格差を解消することであります。

全ての工事従業者の安全と健康の確保を図り、

労働保険料などを含む安全経費を適切に計上することが

組み込まれております。

我々国会議員は、現場の皆様のご意見を聞きながら

よりよい基本計画を作りたいと思っておりますので

色んな面でご協力いただきたいと思います。』

と力強く語られていました。

 

 

その後、各党の先生方による建設職人基本法の制定までの流れ

及び各条項についての説明がありました。

 

 

会場は多くの参加者であふれかえり、皆さん一意専心に

先生方のお話に耳を傾けていました。

 

次回は、建設職人基本法 制定記念祝賀会の様子を

ご紹介いたします。

軽仮設リース業協会 新年賀詞交歓会

1月13日(金)に霞ヶ関ビルにあります、

東海大学交友会館にて軽仮設リース業協会の

新年賀詞交歓会が行われました!

 

たくさんの方が参加されており、

例年以上の賑わいを見せておりました。

 

 

挨拶をされる関山会長です。

 

『世間を見てみますと、

国際的にも国内的にも色んなことが起きております。

私たちの業界も同じです。

昨年よりも今年度の方が稼働率が上がったという声を

お聞きしますが、予断は許されません。

仮設だけのレンタルに固執することなく、新しいリースの領域を

考えていくことが大事だと思います。

皆様がお持ちの機材は所有するに非ず、

利用するにあると思います。

持つよりも安いこと、持つよりも便利であること

これらの要件を満たせれば、

多くの品々がレンタルに移行できる余地があります。

日本はレンタル先進国です。

これらの技巧を海外に向けること、

レンタルをもって国際社会への貢献を成すことも

大事だと思います。

 

これからは新しい考え方で挑戦していくことが大切であり、

なお一層、意欲的に

レンタル分野の開発にあたっていただけたらと思います。』

と仰っておりました。

 

 

続いて来賓挨拶として、

国土交通省総合政策局 勢田様が祝辞を述べてくださいました。

 

『先程も会長より

世界情勢から業界のあるべき方向までお話いただきましたが

国土交通省も昨年よりアイコンストラクションを行っております。

簡単に申し上げますと、

ICT土工・生産性・現場の向上、効率性アップというものの

政策展開を図ってきたところでございます。

この業界としては一歩先を見るということ

今年度は生産性革命推進の年だということで

さらに一層飛躍をしていきたいと考えております。

担い手の不足など抱える課題はございますが、

皆様には一層の技術開発で

この業界を支えていただければと思います。』

と仰っておりました。

 

 

乾杯の挨拶は、一般社団法人日本建設機械施工協会 渡辺様が執り行ってくださいました。

 

 

 

美味しい料理に舌鼓を打ちつつ、

会員同士で近況報告や新年の挨拶を行いました。

 

 

会員同士の親睦を深める、素晴らしい時間でした。

今後も一丸となって安心・安全

お客様から評価して頂ける仮設機材をご提供し、

建設業界での役割を果たして参ります!

第11回ミレニューム会

11月17日(木)に伊藤忠建機株式会社様の本社で

第11回ミレニューム会定時総会が行われました。

本日はその様子をご紹介致します!

 

img_8583

 

「ミレニューム会」とは・・・

次世代足場ミレニュームを取り扱う企業を会員として、

ミレニュームの幅広い周知や、安心安全の向上を活動目的とし、

会員同士の近況報告や

ミレニュームに関する技術研究を行います。

この日は9社から代表者22名が出席していました。

 

img_8580

 

挨拶をされるミレニューム会会長の鹿倉様です。

鹿倉様は、

「ミレニューム・システム足場の普及の足音は、

着実に大きく、身近になっているのではないかと思います。

本日は同志の集まりとなりますので、

色々なお話を聞かせていただき、

また情報交換することで、

ミレニュームの普及・拡大にご尽力賜りたいと思います。」

と挨拶されました。

 

img_8569

 

img_8572

 

各社の近況報告及び情報交換では、

近況報告会では、ミレニュームの稼働率や返却状況、

今後の展開の報告が多く聞かれました。

 

img_8566

 

第11回ミレニューム会定時総会では、

2015年度活動報告、決済報告、及び

2016年度の活動予定、予算案の承認が行われました。

議案はすべて無事承認されました。

 

img_8587

 

img_8601

 

その後、日本橋せいとう本店にて懇親会が行われました。

おいしい肉料理をいただきながら、

終始和やかな雰囲気で会食を楽しんでいました。

 

img_8619

 

最後は一丁締めで懇親会は幕を閉じました。

 

これからも会員同士で切磋琢磨し、

ミレニュームをより良い商品へ育てて行きましょう!