Home » Articles posted by 日本機材 (Page 4)

☆第41期キックオフ☆③

第41期キックオフの記事も 今回で最終回となります。

今回は東北支店市川営業所の紹介をさせていただきます。

 

 

東北支店 K支店長

『40期は売上の収益率が未達に終わりました。

大きな要因に材工での失敗があると思います。

現場の構造などをよく見極め、

41期はこれらの経験を活かしたいと思います。

また、今期中に東北支店が増員できるよう

案件も増やしていきたいです。』

 

 

市川営業所 T所長

『40期は数字的には目標に到達することができましたが、

内容が思った以上についてこなかったことが残念です。

40期の結果の良いところ・悪いところを分析し、

41期は目標数値へ必達プラスアルファにしたいと思います。

また、営業所ではなく支店に昇格できるよう頑張ります!』

 

Nさん

『40期は売上の目標を達成することができました。

41期も目標を達成できるよう責任感を忘れず

日々、頑張っていきたいと思います。』

 

 

前期の反省から、今期に向けた新たな試みまで

みんなの思いを聞くことができました。

掲げた目標を胸に、お客様にご満足いただける

仮設機材の提供を目指し、全社一丸となって頑張って参ります!

 

☆第41期キックオフ☆②

前回に引き続き、第41期キックオフの様子を紹介いたします。

 

今回は東京支店東京開発支店、2つの支店になります。

 

 

 

 

東京支店 K支店長

『40期の反省ですが、支店として計画未達となってしまい、

申し訳なく思っております。

会社として東京だけではなく、関東圏内と範囲を広げて

売上を伸ばしていきたいと考えています。

41期は2~3年前の勢いを取り戻すために流れを作り、

頑張りたいと思います。』

 

 

Nマネージャー

『40期は結果として数字を残せなかったことが反省点です。

個人の目標、支店の目標を達成できなかったので悔しく思います。

41期は序盤ですが、案件をいただいておりますので

個人・支店の目標どちらも達成できたらと思います。』

 

 

Hさん

『東京支店にきて2年目となる40期、

自分なりにはよくできたと感じています。

41期は新しく後輩も入ってきましたので、

若い力で支店を盛り上げていけるような環境も

作っていきたいと思っております。』

 

 

Kさん

『まずはいち早く仕事を覚え、

自分の足で営業を回れるようになることが目標です。

まだまだ分からない事がたくさんあるので、

先輩に1つずつ教えていただきながら、

少しでも早く1人前の営業マンになりたいと思います。』

 

 

続いて東京開発支店です。

 

 

東京開発支店 H支店長

『40期、支店としては良いかたちで終えることができました。

41期についても会社を引っ張っていける支店になれるよう

自分を含め、叱咤激励して頑張っていきたいと思います。』

 

 

Hマネージャー

『39期では落ち込んだり、

他のメンバーに助けてもらった月もありました。

それを踏まえ、40期は1年間やってきたので

売上的には支店に貢献できた期だったのではないかと思います。

この結果を41期も継続して行っていきたいです。』

 

 

Uさん

『40期は前半から売上を伸ばすことが出来ず、

後半は上げることが出来ましたが、

新規をあまり獲得できなかったことが反省点かと思います。

新規営業をかけている取引先もあるので、うまく芽吹いて

41期はスタートから売上を上げていけたらと考えています。』

 

 

Uさん

『40期の反省点、自分の計画を達成できなかったことがあります。

様々な要因は考えられますが、

41期は計画達成することを念頭に置き、

営業していきたいと思います。』

 

 

Mさん

『40期は大きな案件を追いかけすぎて、小さな案件を

追い切れなかったのが、反省点ではないかと思います。

41期は新規物件が獲れるよう、人と同じことではなく

違うことをしながら、倍動けるように心がけていきたいと思います。』

 

 

次回も引き続き、

当社キックオフの様子をご紹介いたします。

☆第41期キックオフ☆①

今回は7月7日(金)に行われた

第41期キックオフの様子をご紹介いたします!

 

 

キックオフとは…

毎年、当社の営業社員が新しい期を迎える7月に集まり、

前期の反省と今期の抱負を発表するイベントです。

 

昨年は各支店ごとにキックオフを行っていましたが、

今年は全店集まって行いました。

 

場所は東金市内にあります、

台湾料理店「リトルチャイナ 豊 」さんです。

 

今回は東関東支店・北関東支店の2支店を

紹介させていただきます。

 

それでは、まず始めに東関東支店から…

 

 

Sシニアマネージャー

『40期、スタートダッシュはよかったのですが、

途中から失速してしまったと思います。

41期は月毎に掲げた目標をクリアしていきたいと思います。

自分のためにも会社のためにも

体調管理に気をつけて頑張っていきたいです。』

 

 

Mマネージャー

『40期は既存の取引先に依存して、

守りに入ってしまった部分もあったと思います。

41期は個人の数字だけではなく、

支店の数字も達成できるように頑張りたいと思います。』

 

 

Kリーダー

『40期は反省しかありません。

41期は立て直しの期といたしまして

以前のような数字が残せるように頑張りたいと思います。』

 

Sさん

『40期より入社し、分からないことも多く

皆さんにご迷惑をおかけしましたが、温かくご指導いただきました。

41期は、現段階でまだ理解できていない点を改善し、

計画達成が出来るようにしたいと思います。』

 

 

続いて北関東支店の紹介です。

 

 

北関東支店 K支店長

『40期より東京支店から北関東支店に配属になりまして、

個人の数字は継続取引先のお客様に助けられ、

なんとか達成することが出来ました。

41期は北関東の支店長を任されました。

新規営業など客先をベースアップして

少しでも目標に達成できればと思います。』

 

 

Oリーダー

『40期の反省点ですが、4~6月は売り上げが落ちてしまう月です。

その波を穏やかにすれば売上も達成できるはずなので、

41期は高いレベルの売上を計上できるようにしたいと思います。

今期は目標必達に尽きます!』

 

 

次回も引き続き、

当社キックオフの様子をご紹介いたします。

インターナショナルフェスティバル③

インターナショナルフェスティバルの記事も

今回で最終回となります!

 

 

今年は初の試み、

子どもたちによるお好み焼き大会です。

みんなで協力して、大きな生地をひっくり返します。

 

 

作ってくれたお好み焼きはとっても美味しかったです!

 

 

続いて、毎年恒例のスイカ割りです。

スイカ割りは当社社員の子供たちのためのイベントです。

今年も元気いっぱい、たくさんの子どもたちが参加してくれました。

 

 

当社のスイカ割りは、目隠しをするだけではなく、

その場で数回ぐるぐる回ってから、スタートします。

 

 

 

棒がスイカに無事命中すると、大きな歓声が上がりました。

割れたスイカはみんなで美味しくいただきました!

 

 

挨拶をするH支店長です。

『皆さん、お疲れ様でした。

今日1日、楽しく過ごせたと思います。

今月から新しい期が始まります。

心機一転、皆さんで日本機材を盛り上げていきましょう!』

と話していました。

 

 

最後に全員で1本締めをし、

インターナショナルフェスティバルは終了となりました。

 

 

普段、なかなか会ってお話しする機会のない

外国人の方・ご家族の方と交流ができる充実した一時でした!

 

来年のインターナショナルフェスティバルの開催が

早くも待ち遠しいです!

インターナショナルフェスティバル②

前回に引き続き、

当社インターナショナルフェスティバルの様子をご紹介致します。

 

 

実習生として働いているベトナムの方々です。

 

 

 

また、ナイジェリア・スリランカ・ガーナ・カンボジアの留学生など、

計6か国の方々が参加しました!

 

 

毎年、当社のBBQでは

各国の料理を作り、食事を通して交流を深めています。

 

 

ベトナム風厚揚げのトマト煮です。

ナンプラーの香りとトマトが夏らしさを感じます。

 

 

BBQと言えば、定番の焼きそばです。

大きな鉄板で作る姿は圧巻です!

 

 

東関東支店の皆さんが前日から準備を行い、

フランクフルトから浜汁まで美味しい料理を作ってくれました。

 

 

いつも朝早くから、ありがとうございます!

 

 

 

そして、あさのさんの

ハマグリ、エビ、イカなど

新鮮な魚介もいただきました!

 

 

新鮮な海の幸やベトナム料理など

普段なかなか食べる機会のない料理に舌鼓を打ちつつ、

大賑わいのBBQとなりました。

 

次回も引き続き、

インターナショナルフェスティバルの様子をご紹介致します。

 

インターナショナルフェスティバル①

本日は7月8日(土)に行われました、

インターナショナルフェスティバルの様子をご紹介いたします!

 

 

インターナショナルフェスティバルとは…

毎年、九十九里浜にて行われている

バーベキュー大会です。

当社で働くベトナム、カンボジア、

ナイジェリア、スリランカの方々の国の料理を作り、

食事をしながらコミュニケーションを取ることで、

言葉の壁を越えて交流を図ろう、

という趣旨があります。

 

 

天候に恵まれ、今年は地引網からのスタートです。

一昨年に引き続き、「ともや丸」さんにお願いしました。

 

 

子どもから大人まで、みんなで一致団結して引っ張ります!

 

 

ベトナムからスリランカまで各国の方々も

楽しそうに参加していました。

 

 

去年はあいにくの天気で開催できなかった地引網ですが、

今年は晴天の下、たくさんのイワシを獲ることが出来ました!

 

 

今年もBBQ会場には、海の家「あさの」さんをお借りしました。

いつもお世話になっております!

 

 

挨拶をされる内山社長です。

『皆さん、お疲れ様です。

今年はお天気にも恵まれました。

今日は思う存分楽しんでください』

とお話されていました。

 

 

H常務による乾杯の後、BBQがスタートしました。

 

 

多くの方々が九十九里に集結し、

今年はなんと、150名余りの参加者で大賑わいでした。

 

 

次回も引き続き、インターナショナルフェスティバルの

様子をご紹介いたします!

千葉日報広告掲載のお知らせ

7月3日(月)の千葉日報に

当社広告が掲載されましたので、お知らせ致します!

 

 

千葉にあります各企業とともに、

暑中見舞いのご挨拶として協賛しています。

 

今年は平年より暑い夏になるそうです。

熱中症などに気をつけ、体調を崩すことなく

今年の夏も乗り越えていきましょう!

軽仮設リース業協会 第5回通常総会

6月9日(金)に東海大学校友会館にて

軽仮設リース業協会の第5回通常総会が行われました。

本日はその様子をご紹介いたします!

 

 

 

挨拶をされる関山会長です。

『この軽仮設リース業協会は33年の歴史を数えました。

協会・部会・理事会・支部会それぞれの活動を重ね、

お互い良い関係を築くことができました。

同業者同士ライバルだという時代は、

お互い価格競争などが生まれ、

あまり良い結果を出すことが少なかったと思います。

協会活動を重ね、仲間であるという意識が生まれたこの活動こそが

最も成果のあったことだと思います。

経済・安全への貢献、安定供給、仮設の技術、新しい機材の開発

このような要件をしっかり満たし、

より良い仮設機材の提供ができるよう、

これからもよろしくお願い申し上げます。』とお話されていました。

 

 

通常総会では28年度の事業報告、決算報告、

29年度の事業計画案、収支予算案の承認、

各支部長からの活動報告などが行われました。

 

 

新たに役員に選出された方々の挨拶も行われました。

 

 

総会終了後は、懇親会が開かれました。

 

 

再び挨拶される関山会長です。

『日頃より協会活動に前向きにご参加いただき

誠にありがとうございます。

長年の協会活動を通して、人間関係・信頼のベースも出来上がり、

同業者としてライバルでもありますが、仲間でもある関係性を

確立していったのではないかと思います。

経済的・安全性・高い技術・安定供給など、

お互いに機材を貸し借りし、助け合うことによって

様々な社会貢献ができていると思います。

これらの要件を満たしつつ、

皆様方の一層のご協力とご活躍をお祈りいたします。』

とお話されていました。

 

 

続いて国土交通省の勢田様より

『常日頃から国土交通事業に多大なるご貢献をいただき、

厚く御礼申し上げます。

災害の復興、インフラメンテナンスなど、建設業の方々が

末永く健全に役割を果たしていっていただきたいと

願っております。

そのためにも担い手確保・効率化や安全性など

各種課題に取り組んで参りたいと思いますので、

これからもご支援のほど、よろしくお願い致します。』

と挨拶されていました。

 

 

長年に渡り、協会活動に多大なご尽力を賜りました

近藤昌三理事へ関山会長より記念品の贈呈が行われました。

 

 

『この協会のために今後も尽力していきたいと思いますので、

皆様どうぞよろしくお願い致します』

と挨拶されていました。

 

 

乾杯の音頭を取られる

一般社団法人日本建設機械施工協会 渡辺様です。

 

 

会場には多くの方々が集まり、

情報交換・近況報告など行いました。

 

 

束の間の歓談を楽しみ、

関西支部長 渡邊様の一本締めで懇親会は終了しました。

 

 

より優れた仮設機材をお客様に提供するため

これからも精進してまいります!

一般社団法人 仮設工業会 平成29年度定時総会

5月26日(金)、建築会館ホールにて

一般社団法人 仮設工業会

平成29年度定時総会が行われました!

 

 

総会では28年度の事業報告、収支決算報告、

役員選任、並びに29年度の

事業計画案、収支予算案の承認、役員選出などが行われました。

 

 

総会終了後は、懇親会が開かれました。

 

 

挨拶をされる一般社団法人仮設工業会の伊藤会長です。

『仮設機材に関係する労働災害を防止するためには、

会員・各社がそれぞれの立場で、事業活動を活発に

展開をしていくことが必要になるわけでございます。

すなわち、優れた仮設機材を開発し、販売していただくこと

また、適正に管理をされた安全な仮設機材を提供していただくこと

安全な仮設機材を適正に使用していただくことが大切です。

そのためには各社が発展し、繁栄していくことが

非常に重要になってまいります。

この懇親会が会員・各社の益々のご繁栄に繋がりますよう

情報の確保・あるいは人的交流の場になればと考えております。』

とお話されていました。

 

 

厚生労働省・独立行政法人など多くの方々が来場されていました。

 

 

乾杯の音頭をされる井上副会長です。

『日頃は仮設工業会にご協力をいただき、ありがとうございます。

建設労働者の健康と安全のための基本法が、

昨年の12月に成立しました。

6月には閣議決定が行われると聞き、

これからの建設業界に期待しております。

皆様のご健勝と益々のご発展をお祈りしております!』

と仰っていました。

 

 

美味しい料理に舌鼓を打ちつつ、

会員同士、近況報告や建設基本法への期待を語っていました。

 

 

最後に堀井専務理事による一本締めで、懇親会は終了しました。

 

 

これからも建設職人の皆様が安心・安全に活躍できるよう

各社、力を合わせてまいります!

全国仮設安全事業協同組合 第17回通常総会

5月25日(木)に鉄鋼会館で

全国仮設安全事業協同組合の

第17回通常総会が行われました。

 

 

 

挨拶をされる全国仮設安全事業協同組合 小野辰雄理事長です。

『去年12月に建設職人基本法が作られました。

6月に閣議決定されますと、みなさんの手元に届くことになります。

先日、皆さんにお願いしたアンケートがあります。

今回のアンケートは皆さん一人ひとりの意見です。

これらを元に計画案が作られました。

今後ともこういった各個人の意見が尊重され、建築基本法に

反映されていくためにも、たくさんの意見を聞かせてほしいです。』

とお話されていました。

 

 

来賓挨拶をされる経済産業省S様です。

『これまで安心・安全対策に熱心に、ひたむきに、

取り組んでこられた皆様、こうした取り組みに関しまして、

心から敬意を表したいと思います。

昨年末には建設職人基本法が成立されました。

経済産業省といたしましても

各関係省庁・部署、そして関係事業者の皆様と連携しつつ、

標準化の推進をして参りたいと考えております。

引き続き、組合におかれましても

今度とも建設現場の安全向上及び

関係業界のご発展にご尽力を賜ればと思います。』

とお話されていました。

 

 

続いて来賓挨拶をされる

国土交通省のK様です。

『建設業は住宅を建てたり、あるいは維持管理をしたりと

地域・経済活動を支える、基幹産業であります。

災害等起こった時、真っ先に被災地に駆けつけるのは

建設職人の皆さんです。

地域の守り手でもあり、なくてはならない産業です。

一方で課題といたしましては担い手の確保です。

日本全体が少子高齢化であり、若い人の数が減っている中、

どれだけ若い方に業界に入っていただけるかが課題であります。

そのためには、処遇をしっかり改善していかなければならないと

考えております。』とお話されていました。

 

 

議案進行をされる近藤副理事長です。

議案審議は平成28年事業報告から役員選挙まで行われました。

 

 

 

 

今回は組合の発展に貢献のあった方に

特別功労者表彰も行われました。

 

 

 

通常総会終了後、休憩を挟み

全国仮設安全事業協同組合青年部の

第8回通常総会及び、

日本建設職人社会振興連盟の

第7回通常総会が行われました。

 

 

挨拶をされる日本建設職人社会振興連盟の國松会長です。

『建設職人基本法ですが、建設職人のための法律であり、

経営者・関係団体のための法律ではございません。

6月中旬までには、基本法の閣議決定が行われると

聞いております。

3月16日の基本法施行以来、深いご支援とご理解を賜りましたこと

国会議員の先生方、政府関係者、そして会員の皆様に

感謝申し上げます。』とお話されていました。

 

 

賛同団体として全国中小建築工事業団体連合のK専務、

日本建設機械レンタル協会のN専務が来場されていました。

 

 

司会進行をされる伊藤理事長です。

平成28年収支報告から平成29年事業見込みまで行われました。

 

 

青年部の皆様による、

希望の太陽「建設職人基本法」の決議の宣言とともに、

全国仮設安全事業協同組合

第17回通常総会は無事終了しました。

 

 

 

その後、別会場にて期成の集いが行われました。

 

 

開会宣言をされる

日本建設職人社会振興連盟 大仲孝明副会長です。

『今回は期成の集いです。

期成とは、ある事柄を実現することだと言います。

安心安全、我々に寄り添った基本計画を

何卒、よろしくお願い致します!』と熱く語っていました。

 

 

多くの国会議員の先生方がお越しになり、建設職人基本法への

熱意を語って下さいました。

 

 

会場には多くの方が来場し、熱気溢れる集いとなりました。

 

 

安心・安全、誇りを持って働ける業界を目指し、

みな一丸となっていくことの大切さを

改めて感じました。

これからの建設業界発展のために、力を尽くして参ります!