Home » Articles posted by 日本機材

軽仮設リース業協会 第6回通常総会

6月8日(金)に東海大学校友会館にて

軽仮設リース業協会の第6回通常総会が行われました。

本日はその様子をご紹介いたします!

 

一般社団法人 軽仮設リース業協会とは・・・

日本全国を9ブロック分けて地域に密着した活動を行う「支部」と、

協会本部としての役割を担う3つの活動部会があり、軽仮設リース業の「協調と団結」をスローガンに、

市場の安定と発展を実現できる業界を創り上げています。

また軽仮設に関するいろいろな市場調査行い、

ユーザーニーズに合わせた軽仮設機材の情報提供に努めると共に、国土交通省へ調査資料の提出を行い、

より安全な軽仮設機材の普及に官民一体となった啓蒙活動を行っています。

 

挨拶をされる関山会長です。

『本日は業務多忙の中、総会にご出席いただきありがとうございます。

皆様におかれましては日頃より協会活動にご精進いただき、立派な成果を上げていただいております。

改めて皆様のご協力に厚く御礼申し上げます。』

と仰っていました。

 

通常総会では29年度の事業報告、決算報告、30年度の事業計画案、収支予算案の承認、

各支部長からの活動報告などが行われました。

また、今年は数名の理事改選が行われた他、

新たな規定案も提出され、例年以上に充実した総会となりました。

 

総会終了後は、懇親会が開かれました。

 

再び挨拶される関山会長です。

『本日は数多い会を行い、ご出席いただきました皆様は大変お疲れだったかと思います。

日頃より本会員の皆様をはじめ、各関係団体の皆様には協会活動にご尽力いただき、

この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

また、今度とも厳しいご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げる次第でございます。

本協会も来年で設立35周年という大きな節目を迎えます。

私たちの業界は34年前、お互いの値下げ競争により、安かろう・悪かろう・危なかろう、

安定供給が出来ないなど、厳しい状況に陥っておりました。

そのため正しい業界の在り方を模索しようと、本協会は設立されました。

社会に貢献し、お客様に喜ばれる、そして自分たちが繁栄できる、

三者良しの正しい競争をして、業界の発展をして参りたいと思います。

つきましては、皆様の益々のご発展とご活躍を期待して、挨拶に代えさせていただきます。』

と仰っていました。

 

来賓挨拶をされる国土交通省の山下様です。

『軽仮設リース業協会会員の皆様におきましては、

日頃から国土交通行政に多大なるご協力をいただき、心より御礼申し上げます。

国土交通省では平成28年よりi-Construction(アイ・コンストラクション)という、

革新的な技術の現場導入や、3次元データの活用などを進めることで生産性を向上させ、

新しい建設現場を創出する施策を行っております。

まだまだ現場での課題など改善すべき点も多くあると思います。

現場で働く皆様の声を国交省にも上げていただき、新技術が現場でより普及して、

環境が改善されるようご尽力をお願いしたく存じます。

最後に軽仮設リース業界の益々のご発展、

本日お越しの皆様の益々のご発展を祈念いたしまして、挨拶に代えさせていただきます。』

と仰っていました。

 

続いて理事を退任される4名の方への感謝状授与式も行われました。

代表挨拶をされる藤河様です。

『理事をさせていただいて、全国でたくさんの方と出会い多くのことを学びました。

とても感謝しております。

一会員として、皆様の益々のご発展をお祈りいたします。』と仰っていました。

 

また、退任される部会長2名の方への感謝状贈呈も行われました。

代表挨拶をされる海子様です。

『ここまでやってこれたのは、周りの方のご支援があったからだと思っております。

協会をはじめ、皆様方の益々のご発展をお祈り申し上げます。

本日はありがとうございました。』と仰っておりました。

 

乾杯の音頭を取られる常務執行理事 渡邊様です。

『軽仮設リース業協会のさらなる発展と皆様のご健勝を祈念いたします!』と仰っていました。

 

多くの方が来場され、近況報告から情報交換などが行われました。

 

束の間の歓談を楽しみ、

杉山副会長の三本締めで懇親会は終了しました。

 

これからも各社、力を合わせて建設業界を盛り立てていけるよう率先して活動して参ります!

 

一般社団法人 仮設工業会 平成30年度定時総会・記念祝賀会

5月29日(火)に、一般社団法人 仮設工業会の

平成30年度定時総会及び創立50周年記念祝賀会が

東京プリンスホテルにて行われました!

今回はその様子をご紹介致します。

 

一般社会法人 仮設工業会とは・・・

仮設機材に関わる労働災害の防止と工事施工の円滑化を

目的として1968年に設立され、今年で創立50周年を迎えます。

仮設機材の構造基準・使用基準等の設定及び周知、

仮設機材に関わる様々な試験、仮設機材の認定を行っている一般社団法人です。

他にも仮設機材に関連する教育研修、技術指導や

図書出版や講習会の開催などの活動も

積極的に実施しています。

 

総会では平成29年度の事業報告、収支決算報告、役員選任、並びに

平成30年度の事業計画案、収支予算案の承認、役員選出、感謝状贈呈が行われました。

 

総会終了後は創立50周年記念祝賀会が行われました。

 

挨拶をされる仮設工業会の伊藤会長です。

『会員の皆様には総会後のお疲れのところ、

創立50周年記念祝賀会にご出席いただき、誠にありがとうございます。

また、御来賓の皆様にもお忙しい中、ご出席を賜り心より感謝申し上げます。

仮設工業会は1968年5月29日に発足をいたしまして、本日無事、50周年を迎えることができました。

これも皆様のご理解・ご協力と厚生労働省をはじめ、関係団体の皆様の温かいご支援の賜物でございます。

本日は平素より大変お世話になっております皆様へ

少しでも感謝の気持ちをお伝えできればと祝賀会を設けさせていただいた次第にございます。』

と仰っていました。

 

来賓代表として祝辞を述べる

厚生労働省 労働基準局 安全衛生部 安全課長の井上様です。

『この度は仮設工業会創立50周年誠におめでとうございます。

創立以来、仮設機材に関する安全、ご支援を続けられ、深く感謝申し上げます。

私どもも皆さんのご意見をいただきながら、労働災害防止に向け、行政を進めていきたいと思っております。

今後も益々のご発展を祈念いたしまして、挨拶に代えさせていただきます。』

と仰っていました。

 

厚生労働省・独立行政法人など多くの方々が来場されていました。

 

乾杯の音頭をとられる

独立行政法人 労働者健康安全機構 労働安全衛生 総合研究所 所長 豊澤様です。

『仮設工業会の益々の発展と皆様のご健勝を願っております。』

と挨拶されていました。

 

様々な料理を満喫しながら、仮設機材の更なる発展に向けて

会員の方々と情報交換をしました。

 

また、著名なバイオリニストによる演奏会も行われ、

普段、聴くことのできない素晴らしい音色を楽しむことができました。

 

これからも仮設に係る労働災害防止と安全安心の向上を目指し、引き続き努力して参ります!

 

入魂の集い

引き続き、5月23日(木)に鉄鋼会館にて行われました、

総会後の懇親会についてご紹介致します!

 

開会宣言をされる、日本建設職人社会振興連盟 大仲副会長です。

『昨年も千人を超える建設職人が高所からの墜落・落下が起きております。

統計では千人ですが、事故に遭われた方には家族がいます。

ぜひ、安全な工程で安全な機材で、適切な単価で入れられるように皆さんも入魂してください!

ご安全に!!』と挨拶されていました。

 

日本建設職人社会振興連盟 青年部の方々による決議文披露も行われました。

 

乾杯の挨拶をされる自民党 衆議院議員 秋元先生です。

 

多くの国会議員の先生方がお越しになり、これからの建設業界の働き方改革をはじめ、

建設職人基本法への施策について語られていました。

 

会場には多くの方々が来場し、情報交換・近況報告などを交え、

熱気あふれる集いとなりました。

 

閉会の挨拶をされる

日本建設職人社会振興連盟 近藤副理事長です。

『理事長も仰っていましたが、建設基本法は最大で2年以内に、

出来れば半年以内に成果を出せたらと考えております。

それには皆様のお力が必要ですので、よろしくお願い致します。

本日はお忙しい中、ご参会いただきありがとうございます!』

と締めくくられていました。

 

一人一人が誇りを持ち、働く喜びを実感できる、

安心安全、魅力溢れる業界になるよう力を合わせて参ります!!

 

全国仮設安全事業協同組合 第18回通常総会

5月23日(木)に鉄鋼会館で

全国仮設安全事業協同組合の第18回通常総会が行われました。

 

挨拶をされる全国仮設安全事業協同組合 小野理事長です。

『本日はお忙しい中、通常総会にご出席いただきありがとうございます。

全国仮設安全事業協同組合が設立された理由は2つあります。

仮設に起因する労働災害を撲滅すること

経済的地位の向上を実現するために18年間活動して参りました。

今日お越しいただいている経済産業省の杉浦様をはじめ、国交省の高田様、厚労省の方々にご協力いただき、少しずつ前進しています。

しかし、まだまだ改善しなければならない点もあります。

一昨年の12月、建設職人基本法が制定されました。

この2~3年が勝負です。

私たちの願いが叶う日が目前に迫っています。

皆さんのお力が必要ですので、今度ともよろしくお願い致します!!』

と挨拶されていました。

 

来賓挨拶をされる経済産業省 杉浦様です。

『本日は通常総会にお招きいただきまして、ありがとうございます。

また、日頃から経済産業行政にご理解・ご協力いただき、この場をお借りして御礼申し上げます。

今年2月には(建設職人基本法)見える化大会におきまして、基本計画にて明記されました、

具体的な安全対策やその効果を分かりやすく示し、見える化について

VRPや足場の体験コーナーを設けるなど、内容の具体策について取り組まれています。

引き続き、建設現場の安全向上、業界発展に向け、ご尽力されることを願っております。

より一層のご発展と皆様のご健勝を祈念しまして、

挨拶に代えさせていただきます』

と仰っていました。

 

続いて来賓挨拶をされる国土交通省の高田様です。

『組合の皆様には平素より国土交通行政の推進にご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

貴組合におきましては、安全な仮設足場の普及促進など、建設現場の安全の確保、

先程もお話がありました、墜落・転落災害の撲滅に向け、大変なご尽力をされております。

貴組合の取り組みに、改めて敬意を表する次第でございます。

我が国は人口減少社会を迎えております。

将来における担い手の確保・技能の伝承が大きな課題となっております。

建設業界における働き方改革に早急に取り組む必要があります。

国土交通省では本年3月、官民一体働き方改革加速化プログラムを作成いたしました。

長時間労働の是正、生産性向上など、新たな施策を含めております。

引き続き、関係省庁・業界団体と施策の実施を行っていきたいと思っておりますので、

皆様方のご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

結びに、貴組合のますますのご発展と本日ご列席の皆様のご健勝を心より祈念いたします。』

と挨拶されていました。

 

議案進行をされる近藤副理事長です。

議案審議は平成29年事業報告から役員選挙まで行われました。

 

また、特別功労者表彰も行われ、

北国リース株式会社の代表取締役 篠﨑様と

 

藤田金属株式会社の建材一部部長 高田様が選出されました。

 

小野理事長より感謝状と記念品が贈呈されました、おめでとうございます!

 

通常総会終了後、休憩を挟み

全国仮設安全事業協同組合青年部の

第9回通常総会及び、

日本建設職人社会振興連盟の

第8回通常総会が行われました。

 

また、お忙しい中、自民党 衆議院議員 櫻田先生にお越しいただきました。

『工事に携わる方々の安心・安全をしっかり守るよう努力させていただきます。

皆さんと同じ目線で考えられる国会議員だと思いますので、どんどん利用してください!』

と激励のお言葉を頂戴しました。

 

例年以上に大勢の方が参加されていました。

次回は総会後の懇親会についてご紹介致します!

第11回 安全大会④

今回も引き続き安全大会の様子をご紹介致します。

安全大会の記事は今回が最後回になります。

 

社員代表挨拶をされる管理部S課長です。

『本日はご多忙の中、安全大会にご参加いただき、ありがとうございます。

自身の健康管理のために、弘田先生にご指導いただきましたことは普段の仕事、生活にも活用していただけると思います。

また、エシックスの皆さんには実演をしていただき、今回の安全大会は大変有意義なものになったかと思います。

今回の安全大会をきっかけに安全・健康への管理を努力していきましょう。』

と話されていました。

 

最後に、今回選出された安全標語を会場全員で唱和しました。

声に出すことで、安全に対する意識を今一度、再確認することができました。

 

閉会の挨拶をされるエシックスY部長です。

『本日はお忙しい中、安全大会にご出席いただき、誠にありがとうございます。

弘田先生には貴重な講和をいただき、健康に対する意識が変わりました。

今日、みんなで唱和しました安全標語を心に留めながら、危険の回避を常に意識していきましょう。

以上をもちまして第11回安全大会を終了致します。

皆様、ご安全に!』と締めくくられていました。

 

今年はお天気も良く、第11回安全大会も無事に終了することができました。

職場における労働災害の防止活動の大切さを再確認すると共に、 無事故・無災害はもちろん

自身の健康面への気遣いも忘れずに、日々邁進して参ります!

第11回 安全大会③

今回も引き続き

安全大会の様子をご紹介致します。

 

株式会社エシックスより「小型移動式クレーンの能力について」の実演が行われました。

 

エシックスのGさんは

『車両事故では重量過多によるクレーンの竿が折れてしまう、積荷落下などが現実に起きています。

そのため、これらの事故を防ぐために、もう一度実演をしながら

安全への意識を再確認していただけたらと思います。』

と話していました。

 

まずはアウトリガーの説明から…

アウトリガーとは車幅に平行方向に広げて使用し、車体を安定させるための装置です。

 

足の部分が完全に地面についていないと、アームが出ないように安全装置がついています。

 

『運転の際には電線などの障害物をはじめ、

周囲への意識を再度認識していただきたいです』

と訴えていました。

 

エシックスのIさんは

『当たり前ですが、玉かけをする人、作業する人、お互い合図を見逃さないで作業することがとても大切です。

また、アウトリガーの確認も大切です。

重量オーバーで竿が折れてしまった事故を防ぐには、

確認を怠らず作業していくことが無事故への第一歩です。』

と話していました。

 

パイプをかける際も重心がきちんとしていないとバランスを崩し、

事故に繋がることもあります。

1つ1つの地道な確認作業が事故を防ぐ上でとても重要です。

来年の安全大会では、エシックス一同無事故でした、と報告できるようにしたいです、と仰っていました。

 

その後、当社の女性社員は東関東支店2階にて

「ビジネス文章・マナー」テストを受けました。

 

ビジネス文章・マナーテストとは・・・

当社の社員心得から、社会人としての基本マナーに関する問題、

漢字や計算などの一般教養が出題されます。

今回のテストでビジネスマナーなどの知識を再確認することができました。

 

また同時に、東関東支店3階会議室にて、

足場工事協力会「日鳶会」総会が開催されました。

日鳶会総会では、役員改正や前年度の実績報告、並びに

今年度の活動予定の承認が行われました。

今年も事故ゼロを目指して、安全衛生水準の維持向上を誓い、無事に総会を終えました。

 

安全大会の記事は、次回でいよいよ最終回となります。

第11回 安全大会②

今回も引き続き安全大会の様子をご紹介致します。

 

続いて弘田先生による講演、実技が行われました。

弘田先生はウェイクボード初代全日本チャンピオンです。

現在はプロスポーツ選手の経験を活かし、ボディコーディネーターとして、

身体の痛みに対するケアや施術、ストレッチなどを指導されています。

また、当社では毎年行っている営業セミナーの場でも弘田先生にご指導いただいております。

 

前半の講義では

三大アラームについてのお話をしていただきました。

痛みには3つの種類があり、

身体の異常を知らせてくれるのは急性の痛み

肩こり腰痛などは慢性の痛み

特定の領域で起こるのは神経性の痛みだそうです。

 

質疑応答の時間では、気になる点を挙げて

各々の痛みや悩みに適した対処法を教えていただきました。

 

後半は道具を使っての実技を体験しました。

 

まずは座ったままできるストレッチから

ワンセット30秒でいいそうなので、これなら休憩中にもできます。

 

これもちょっとした道具を使ってお家でもできるので、

土踏まずが痛かった人は定期的に行っていただきたいです。

 

実際に身体を動かしながら、適した動きやフォームを教えていただきました。

毎日少しずつでも続けていけば、痛みの緩和や血流の改善が期待できるそうです。

また、身体の柔軟性を保つことでより健康的に若々しく過ごすことが可能です。

 

今回教えていただいたストレッチを日常的に行っていきたいと思います!

 

次回も引き続き安全大会の様子をご紹介致します。

第11回 安全大会①

本日は4月28日(土)に

東関東第一センター(千葉県東金市)で行われました、

安全大会の様子をご紹介致します!

 

安全大会とは・・・

当社の全社員と協力会社社員が1年に一度集まり、

現場・運輸・センター作業の安全について考える恒例行事です。

初心に返り、再度安全衛生水準の維持向上を

図ることを目的としています。

今年で11回目を迎えるこの大会では、安全衛生活動に功績のあった優良企業及び優良職長の表彰や

今回は講師の方をお招きしての講話・指導から商品の紹介、

安全宣言唱和が行われました。

 

開会の挨拶をする内山社長です。

『本日は天候にも恵まれ、無事安全大会を開催することができて

とても嬉しく思っております。

私どもは仮設機材リース業界として、お客様に安全な機材を供給する責務を負っております。

そして仮設機材を安全に運ぶという運搬の責務と

解体に携わる現場での安全も負っており、非常に大きな責務を担っています。

この3つの安全に対して毎年安全大会を開催することで、事故を起こさないよう取り組んでおります。

そういった皆さんの努力と協力もあって、

昨年度は現場での事故ゼロを実現することができました。

運送の方では軽微な事故はあったものの、重大事故といったものは発生しておりません。

これはひとえに皆さんの安全に対する試みと、努力の賜物だと思っております。

またこの一年間も事故の無いように業務を遂行するとともに

安全に対しての意識をもっていってほしいと思います。』

と仰っていました。

 

また、来賓を代表し、

株式会社エコライフのF様より、お言葉を頂戴しました。

 

『これから2020年東京オリンピックに向かい、建設業界は益々忙しい時期に入ってまいります。

先程も内山社長が申し上げた通り、私たちの業界は一つ一つを問題なくクリアしてことも重要ですが、なかでも一番大事なのは安全だと思っております。

私たちはより安全への意識を引き締め、努力していかなければならないと思っております。

今年度も無事故を目指しつつ、皆様の益々のご発展をお祈り致します』

と仰っていました。

 

平成29年度優良職長は

 

株式会社千葉仮設 N様

株式会社ジャスティス T様

 

優良企業は株式会社起工業 取締役社長M様が選ばれました。

一年間安全に努めていただき、ありがとうございました。

また平成29年度の安全標語は下記の3つが選ばれました!

 

センター内

声かけて 思わぬ油断気付かぬ慣れ 皆で防ごう職場の災害

東関東第二センター Dさん

 

現場内

危険作業 注意し合える明るい職場 目指そうゼロ災害

仙台機材センター Kさん

 

運送

運転は命を運ぶ大仕事 マナーも載せて 安全運転

エシックス Kさん

 

安全標語が採用された社員は表彰され、

金一封が贈られました。

表彰された皆さん、おめでとうございます!

 

次回も引き続き安全大会の様子をご紹介致します。

 

平成30年永年勤続表彰式

当社では毎年4月に永年勤続表彰が行われます。

今回はその様子をご紹介致します!

 

今年は30年表彰が1名

20年表彰が1名

10年表彰が3名の計5名の方が表彰されました。

 

東京支店と東関東支店2拠点に分けての表彰式です。

 

挨拶をする東京支店Yさんです。

『北関東のオープニングスタッフとして入社し、周りの方々をはじめ、家族が健康でいてくれたおかげで

休むことなく仕事を続けることができました。

これからも精進して参ります!』

と話されていました。

 

 

 

代表の謝辞を述べる、北関東支店K支店長です。

『これまでの20年を振り返ってみますと、周りにはいつも自分を支えてくれる仲間がいました。

これまで学んだことを活かし、北関東支店を盛り立てて、会社に貢献していけたらと考えています。

支えてくれた方々への感謝の気持ちを忘れずに、これからも努めていきたいです。

本日はありがとうございました。』

と挨拶されていました。

 

内山社長より激励の言葉と、賞状・お祝い金が贈られました。

 

続いて優秀ドライバーの無事故表彰も行われ、

株式会社エシックスのTさんへ

内山社長より、賞状と金一封が送られました。

 

受賞された皆さん、おめでとうございます。

皆さんの末永いご活躍を期待しております!

 

☆結婚のお祝い☆

本日は、結婚された当社社員を紹介致します。

 

業務課のSさんです。

内山社長からお祝い金が渡されました。

 

続いて当社社員の互助会である、日栄会からもお祝いが渡されました。

ご結婚おめでとうございます!

趣味に仕事にSさんの末永い幸せとご活躍をお祈りいたします。