Home » Articles posted by 日本機材

☆結婚のお祝い☆

本日は、結婚された当社社員を紹介致します。

 

 

事務センターのFさんです。

内山社長からお祝い金が渡されました。

 

 

当社社員の互助会である、日栄会からもお祝いが渡されました。

ご結婚おめでとうございます!

仕事に家庭にFさんの益々のご活躍とご多幸をお祈りいたします。

 

安全パトロール

本日は11月14日(火)に行われました、

株式会社日本機材足場工事協会「日鳶会」の安全パトロールの様子をご紹介します!

 

安全パトロールとは・・・

足場の組立作業、解体作業に危険がないか、また、現在使用している足場に危険箇所がないか、

仮設資材・工事の作業内容の2つの項目において点検・確認を行い、

より安全な足場をお客様へ提供していく取り組みです。

仮設資材の点検では、全国仮設安全事業協同組合の定型フォームを用いて点検しています。

 

東京都三鷹市にあります、外壁補修・防水工事の現場です。

今年の安全パトロールでは、日鳶会会員である

株式会社起工業・エコライフ・千葉仮設、3社様から4名当社社員9名の総勢13名が参加しました。

 

 

内観・外観だけではなく、実際の使用状況を様々な角度からチェックしていきます。

 

巡回後は、気づいた点・改善点などを話し合い、対策を考えます。

 

次の現場で活かすことができる点、まだまだ改良余地のある点を発見できた安全パトロールは有意義な時間となりました。

今回得られたことを忘れずに無事故を目指し、日鳶会会員の皆様と力を合わせて安全への取り組みを行って参ります!

広告掲載のお知らせ

2017年9月号の近代建築に当社広告が

掲載されましたのでお知らせ致します!

 

月刊『近代建築』とは

最新の建物紹介をはじめ、動向の注目される設計・事務所など

タイムリーな特集記事および新製品・技術紹介等を通じ、

変化する建築の全容を伝える誌面となっております。

 

今回、掲載されている建物の建設の際に

仮設資材を提供させていただきました。

 

今後も安全な仮設機材をご提供するために

より一層、邁進していきたいと思います。

2017ジェフユナイテッド市原・千葉 スポンサーパーティ②

前回に引き続き、

ジェフユナイテッド市原・千葉 スポンサーパーティの様子をご紹介致します。

 

会場には溢れんばかりのサポーターの皆さんが、選手に直接応援のメッセージを伝えていました。

 

サインを貰うH支店長です。

快く引き受けてくださった選手の方々、ありがとうございます!

 

会場ではジェフのユニフォームの展示から

 

豪華な料理が並び、なかでも手毬寿司で作られたJFEのロゴは圧巻でした!

 


こちらはジェフ応援カクテルです。

ジェフカラーの黄色をベースに緑・赤のワンポイントが映えるオリジナルカクテルです。

千葉県民一丸となって応援したい!という熱い想いから今年は誰でも飲めるよう、

ノンアルコールカクテルにリニューアルされたそうです。

 

歓談の途中で、花束贈呈とジェフユナイテッド市原・千葉レディースの活動紹介と監督挨拶が行われました。

 

挨拶をされる三上監督です。

『たくさんのスポンサーの方にお世話になりながら、ジェフレディースは選手として活動しています。

皆さんの支えがあって初タイトルを獲得することができました。

私たちの目標である2ケタ勝利へ向け、多くの方々のサポートを支えに頑張って参りたいと思います。

今日は本当に、ありがとうございます!』

と挨拶されていました。

 

レディースの皆さんはこの後、練習に向かわれました。

次回の試合もぜひ、頑張っていただきたいですね!

 

毎年恒例の抽選会では、選手のサイン入りボールやユニフォームなど、

ここでしか手に入らない豪華な賞品が抽選で当たります。

選手がクジを引き、番号をその場で読み上げました。

当選された方、おめでとうございます!

 

選手代表として挨拶される近藤キャプテンです。

『本日はお忙しいところ、スポンサーパーティーにお越しいただき、ありがとうございました。

本日、ご出席の皆様と話をするなかで改めてたくさんの方々にご支援いただいているのだと感じました。

残りの試合、安定した戦いを皆様にご覧いただけるよう、また、J1昇格に向けて頑張って参りたいと思いますので、

引き続き皆様のご支援、ご声援をよろしくお願い致します。

本日は誠に、ありがとうございました!』

と挨拶されていました。

 

中締めの挨拶をされる

古河電気工業株式会社 代表取締役社長の小林様です。

 

パーティ終了後、選手とジェフィくんがお見送りをしてくれました。

 


J1昇格に向けて、残りの試合も頑張って下さい。

日本機材はこれからもジェフユナイテッド市原・千葉を応援し続けます!!

2017ジェフユナイテッド市原・千葉 スポンサーパーティ①

本日は9月4日(月)にオークラ千葉ホテルにて行われました

ジェフユナイテッド市原・千葉 スポンサーパーティの様子をご紹介致します!

 

ジェフユナイテッド市原・千葉は、今年でクラブ設立26周年を迎えます。

 

ジェフユナイテッドレディースの皆さんです。

 

今回、2017プレナスなでしこリーグカップ優勝トロフィーが展示されていました。

レディースの皆さん、おめでとうございます!!

 

続いてジェフユナイテッド市原・千葉トップチームの皆さんです。

 

挨拶をされるジェフユナイッテッド株式会社の代表取締役 前田様です。

『過日のプレナスなでしこリーグカップにおきましてジェフユナイテッドレディースが悲願の優勝を遂げました。

レディーススポンサーの方をはじめ、ホームタウンの皆様、多くのファンの皆様に支えていただいたおかげだと思います。

また、ユースチームでございますが、今年度ユースチームに昇格致しまして、現在リーグ戦7位となっております。

こちらもアカデミースポンサーの方をはじめ、多くの方々の支えがあってユース活動が成り立っております。

本当にありがとうございます。

そしてトップチームですが、現在リーグ12位という位置づけでございます。

戦う集団ジェフユナイテッドを再構築していくということで、ファン・エスナイデル監督以下、

選手一人ひとりがプロとしてのメンタル・技術そして集団としての戦闘技術・規律・士気を一つ一つ高めながら

着実に成長していっていると感じております。

今年度の戦う私たちの姿を多くの方に観ていただき、分かち合っていけたらと思います。』

とお話されていました。

 

続いてファン・エスナイデル監督の挨拶です。

『本日は招待いただき、ありがとうございます。

ジェフユナイテッドスポンサーパーティーにこんなに多くの方に集まっていただき、感謝しております。

年始にもお伝えいたしましたが、より高い順位のところにありたいと思っています。

運がなくて勝てなかった試合、何回もありますが、僕の方で確実に言えることは、

選手は全ての力を出し切っているということです。

今よりも良い結果が出せると皆さんに信じていただきたい。

シーズンの終わりには、皆様に笑って終われるようにしたいと思います。

ありがとうございました。』

とお話されていました。

 

来賓挨拶をされる市原市長の小出様です。

『ジェフユナイテッドをこよなく愛する皆様に心より感謝申し上げます。

ジェフユナイテッドのおかげで、私も熊谷市長も多くの方々と素晴らしい御縁を築くことができました。

先日、ジェフレディースの皆さんになでしこカップ優勝をご報告いただきました。

三上監督は市原市出身でありますから、嬉しい限りです。

私たちはホームタウンとして、ジェフを応援し続けます。

ファンの皆様には変わらぬご支援の程、よろしくお願い致します。』

と挨拶されていました。

 

続いて千葉市長の熊谷様です。

『まずはジェフレディースの方々、リーグカップの優勝おめでとうございます!

市原市長と私のところにご報告にきていただいて、

やはりタイトルを獲るということが、いかにクラブの歴史にとって大事かということ。

そして最初のタイトル獲得に市長として立ち会う、ご報告いただけたことを大変嬉しく思っております。

女子サッカーに対する注目というのはこれからだとおもいます。

私たち千葉市も市民の皆様に関心を持っていただけるよう選手の努力に答えられるよう、

私たちも努力していきたいと考えております。』

と挨拶されていました。

 

続いて東日本旅客鉄道株式会社 代表取締役社長 冨田様です。

『日頃よりジェフユナイテッド市原・千葉に誠心誠意応援していただいている皆様にお集まりいただき、誠にありがとうございます。

さきほどより皆様お話されていますが、レディースの皆様、優勝おめでとうございます!

素晴らしい成果を上げていただき、大変嬉しく思います。

ユースチーム・トップチームの方々もこれまでの努力の結果が必ず現れると思います。

ジェフのさらなる飛躍と成長を信じて、引き続きの支援を心からお願いしたいと思います。』

と挨拶されていました。

 

乾杯の挨拶をされる富士電気株式会社 代表取締役社長の北澤様です。

 

乾杯後の歓談タイムでは各選手との写真撮影から名刺交換まで

素敵な時間を過ごすことができました。

 

次回も引き続き、ジェフユナイッテッド市原・千葉 スポンサーパーティの様子をご紹介致します。

YASSAフェスティバル2017

8月19日(土)に千葉県東金市で毎年恒例の

YASSAフェスティバル2017が行われました!

 

YASSAフェスティバルとは・・・

社団法人東金青年会議所の方々が、

地域の新しい祭として提案したことが

きっかけで始まった東金市の市民祭です。

今年で41回目の開催となります。

毎年、東金市役所周辺は

ダンスコンテストや打ち上げ花火など

各種イベントで大変盛り上がります!

 

東金市は当社社長の出身地であり、

昭和56年に支店と機材センターを

開設した縁の深い街です。

 

 

そのため、当社は地元企業の一員として、

毎年YASSAフェスティバルに協賛しています。

 


東金市の非公式イメージキャラクターの「やっさくん」です。

 

特設ステージではYASSAダンスコンテストや

各団体のパフォーマンスが行われました。

 

入賞された皆さん、おめでとうございます!

 

東金市のアイドルユニット『YASSA Comachi』

『アッパーズ』のスペシャルライブです。

 

ステージの下には当社広告も設置されていました!

 

サンピア前路上では鹿児島おはら踊りから始まり

 

やっさおどりでは子どもから大人まで

多くの人が参加されていました。

 

最後は花火が盛大に上がり、

YASSAフェスティバル2017も無事終了しました。

 

毎年多くの人で賑わうYASSAフェスティバルに

皆様も足を運んでみてください!

 

千葉日報広告掲載のお知らせ

8月10日(木)の千葉日報に当社広告が

掲載されましたのでお知らせ致します!

 

8月19日(土)に行われる、

2017年YASSAフェスティバルの協賛広告です。

 

「YASSAフェスティバル」とは・・・

東金市の夏の恒例イベントです。

今年も東金駅東口中央公園通り周辺で開催されます!

振興センター前特設ステージでは、見応えのある各種イベントや

うきうきブースが並び、東金商工会館では

お化け屋敷やふるさとガーデンが設けられます。

夜には「やっさおどり」がスタートし、

フィナーレには花火が上がります。

 

東金夏の一大イベント、YASSAフェスティバルに

皆様もぜひ、足を運んでみてください!

 

スポーツ報知新聞 掲載のお知らせ

8月2日(水)のスポーツ報知新聞に

当社が掲載されましたので

お知らせ致します。

 

予選を見事に勝ち抜き、全国大会出場を決めた、

笛吹ボーイズの皆さんです。

当社はその協賛企業として掲載されております。

 


今回、笛吹ボーイズは惜しくも初戦敗退となりましたが、

日本機材はこれからも笛吹ボーイズを応援し続けます!

 

 

☆笛吹ボーイズ協賛のお知らせ☆

 

この度、株式会社日本機材は日本少年野球選手権山梨支部予選を見事に勝ち抜き、全国大会出場を決めた、

山梨県笛吹市の笛吹ボーイズに協賛させて頂くことになりました。

 

 

野球帽と

 

 

ユニフォームの左袖に「NIHON KIZAI」のワッペンを貼って頂きました。

 

 

そして先週末、全国大会に向けて最後の調整を行っていたチームを表敬訪問致しました。

 

 

1年生から3年生までの各メンバーが大きな声を出して真剣に練習に取り組んでいました。

 

 

全国大会は8月2日に大阪の舞洲スタジアムで開幕。

笛吹ボーイズは開幕式直後の第一試合、岐阜県代表の大垣ボーイズ戦で初戦を迎えます。

 

がんばれ!笛吹ボーイズ!

 

 

☆第41期キックオフ☆③

第41期キックオフの記事も 今回で最終回となります。

今回は東北支店市川営業所の紹介をさせていただきます。

 

 

東北支店 K支店長

『40期は売上の収益率が未達に終わりました。

大きな要因に材工での失敗があると思います。

現場の構造などをよく見極め、

41期はこれらの経験を活かしたいと思います。

また、今期中に東北支店が増員できるよう

案件も増やしていきたいです。』

 

 

市川営業所 T所長

『40期は数字的には目標に到達することができましたが、

内容が思った以上についてこなかったことが残念です。

40期の結果の良いところ・悪いところを分析し、

41期は目標数値へ必達プラスアルファにしたいと思います。

また、営業所ではなく支店に昇格できるよう頑張ります!』

 

Nさん

『40期は売上の目標を達成することができました。

41期も目標を達成できるよう責任感を忘れず

日々、頑張っていきたいと思います。』

 

 

前期の反省から、今期に向けた新たな試みまで

みんなの思いを聞くことができました。

掲げた目標を胸に、お客様にご満足いただける

仮設機材の提供を目指し、全社一丸となって頑張って参ります!